画面が小さくて文字が読みにくい

Webサイトをパソコンで見るときとスマートフォンで見るときとで大きく違うのが画面サイズです。スマートフォンの小型化とパソコンの液晶の大型化が進んでいるためその違いはますます顕著になってきていることからもWebサイト制作時には考慮しなければならない点です。特にスマートフォンでは画面が小さい故に文字が読みにくいという面が否めないため、効果的に情報を伝えるためには映像や音声を利用するということが大切になります。

テキストリンクが選びにくい

スマートフォンのインターフェースはタッチパネルが採用されていますが、小さい画面に対して大きな指でタップしなければならないため、細かい作業が行いにくいということは留意事項です。特にそれが顕著になってくるのがテキストリンクのクリックです。マウスのように精密な動作をすることが難しいので、並んでいるテキストリンクの一つをうまくタップすることは困難です。バナー等を使って画像でリンクを作るということを考慮することが必要です。

キーボードに比べて文字入力がしにくい

パソコンを利用している場合にはキーボードを使えるため文字入力が比較的容易です。しかし、スマートフォンの文字入力キーボードはパソコンの喪に比べると難しいことは否めません。多くの文字入力を求めるシステムを導入することは望ましくなく、できるだけ選択肢を与えてタップで選ばせる仕様にすることで使い勝手がよくなります。また、キーボード表示がされると画面の半分程度がキーボードに埋められてしまって余計に画面を小さくしてしまうので文字入力が不要になる仕様を考えてWebサイトを作ることが大切になるのです。

スマホサイトとは、スマートフォンで閲覧することができるホームページであり、様々な情報を閲覧することができるサイトなのです。